Skip to main content

クイックスタート

本ページでは、OCXマネージメントポータルで、基本的なOCXネットワーク網を利用した構成を作成する方法について説明します。

OCXネットワーク網の要素

OCXネットワーク網はPhysical Port、Virtual Circuit Interface(VCI)、Virtual Circuit(VC)、Cloud Connectionによって構成されています。

  • Physical Port
    • Physical PortはOCXネットワークへの接続ポイントであり、トラフィックを転送する場所にPhysical Portを作成する必要があります。
  • Virtual Circuit Interface(VCI)
    • VCIは、Physical Portを作成した後に設定することができる接続インターフェースとなります。
  • Virtual Circuit(VC)
    • VCはVCIをアタッチするための接続ルートとなります。Physical portからトラフィックを転送する中継区間にVCを作成する必要があります。
  • Cloud Connection
    • Cloud Connectionは、各クラウドサービスへの接続するための仮想的な接続インターフェースとなります。

拠点間接続

ここでは冗長性は考慮していません。詳細は各リンク先をご参照ください。

  1. 拠点の選択  
  2. Physical Portの作成
  3. VCIの作成
  4. 2拠点目のPhysical Portと2個目のVCIの作成
  5. VCを作成
  6. VCを作成した2つのVCIにアタッチ

OCXネットワークを利用した2拠点間接続

拠点からクラウドサービスへの接続

ここでは冗長性は考慮していません。詳細は各リンク先をご参照ください。

  1. 拠点の選択
  2. Physical Portの作成
  3. VCIの作成
  4. クラウドサービスプロバイダーを選択し、Cloud Connectionを作成
  5. VCを作成
  6. VCを作成したVCIとCloud Connectionにアタッチ

OCXネットワークを利用したクラウド接続