Skip to main content

Virtual Circuit(VC)の接続先設定 (アタッチ・デタッチ)

Virtual Circuit(VC)は1つの大きなブロードキャストドメインとして振る舞い、VCIやCloud Connection、Router Connectionなどのレイヤ2の論理回線を相互に接続することができます。
VCとVCIやCloud Connectionへの接続設定をアタッチ、接続解除をデタッチといいます。 ※以下、文中はVCと表記いたします。
本ページでは、OCXマネージメントポータルで作成したVCと設定済みのリソース(VCI、Cloud Connection、Router Connection)へアタッチ・デタッチする方法について説明します。

準備

VCのアタッチ・デタッチを行う際は以下ご確認ください。

  1. 自身のUser Roleが admin or user 権限のいずれかであること
  2. アタッチ先となるVCが作成されており、ステータスが available であること
  3. VCにアタッチするリソース(VCI、Cloud Connection、Router Connection) が作成されており、ステータスが available であること

Virtual Circuit(VC)のアタッチ手順

  1. OCXマネージメントポータルにログインします。

  2. 左側のナビゲーションバーより、[Virtual Circuits (VCs)] をクリックします。

  3. Virtual Circuits のリストページが表示されたら、アタッチしたい項目の右側 Actions列のAttachアイコンをクリックします。

  4. Select Interface Typeの入力画面に切り替わります。アタッチするリソースを選択します。

    • Select Interface Type
      • Virtual Circuit Interface か Cloud Connection 、または Router Connection を選択してください。
  5. Input Detailsのステップへ進みます。 ※全てのInterface Typeで共通の操作です。
    リソース(VCI、Cloud Connection、Router Connection)のリストが表示されますので、アタッチしたいリソースを選択して [Next] をクリックします。

  6. Preview 画面に遷移しますので、内容をご確認いただき、[Submit] をクリックします。

  7. Virtual Circuits のリストページが表示されます。 アタッチした内容は、 リストページ該当VCの ActionsInformationアイコンをクリックするとアタッチした内容を確認出来ます。

以上でVCのアタッチの手順は完了となります。

Virtual Circuit(VC)のデタッチ手順

  1. OCXマネージメントポータルにログインします。

  2. 左側のナビゲーションバーより、[Virtual Circuits (VCs)] をクリックします。

  3. Virtual Circuits のリストページが表示されたら、デタッチしたい項目の右側 Actions列のDetachアイコンをクリックします。

  4. Select Interface Typeの入力画面に切り替わります。デタッチするリソースを選択します。

    • Select Interface Type
      • Virtual Circuit Interface か Cloud Connection 、または Router Connection を選択してください。
  5. Input Detailsのステップへ進みます。 ※全てのInterface Typeで共通の操作です。
    該当のVCにアタッチされているVCI/Cloud Connection Nameが表示されますので、問題がなければ [Next] をクリックします。

  6. Preview 画面に遷移しますので、内容をご確認いただき、[Submit] をクリックします。

  7. Virtual Circuits のリストページが表示されます。 デタッチ後はリストページ該当VCの ActionsInfomationアイコンをクリックし、デタッチの反映(表示が消えていること)をご確認ください。

以上でVCのデタッチの手順は完了となります。

補足