Skip to main content

Physical Portの作成

本ページでは、OCXマネージメントポータルを利用してPhysical Portを作成する方法について説明します。 Physical PortはOCXネットワークへの接続ポイントであり、トラフィックを転送する場所にPhysical Portを作成する必要があります。

準備

Physical Portを作成する前に以下をご確認ください。

  1. OCXマネージメントポータルのアカウントが設定されていること
  2. 自身のUser Roleがadmin or user 権限のいずれかであること
  3. OCXネットワークが位置するデータセンターへのオンプレミス側接続デバイス、接続ルートを保有する or 調達目処があること

注意事項

現在OCXで提供しているPhysicalPortにおいて、受け入れられるEthernetフレームサイズは [1526バイト] です。
これを超えるEthernetフレームはOCX機器側で意図せず分割される可能性がありますので、ご注意ください。

Physical Port 作成手順

  1. OCXマネージメントポータルにログインします。

  2. 左側のナビゲーションバーより、[Physical Ports] をクリックします。

  3. Physical Ports のリストページから、[Create] をクリックします。

  4. 入力項目は以下のように設定し、[Next] をクリックします。

    • Name

      • 任意の名前を入力してください。特に複数のPhysical Portを作成する場合は、簡単に識別できる名前を入力しておくと管理がしやすくなります。
    • Site(DC)

      • 準備 - 3 に記載したオンプレミス側接続デバイス/接続ルートを検討した上で、OCXネットワークSite(拠点)を選択ください。OCXネットワークSite(拠点)一覧はこちら
    • Redundant Port (ポートの冗長)

      • Onに設定しプルダウンからPortを選択することで、同一Site(拠点)内で、指定したPhysical Portを収容している機器とは別の機器にPhysical Portを作成することができます。
        機器故障時の単一障害点を回避する有効策ですので、必要に応じてご利用下さい。
    • Speed

      • 以下から選択ください。また、選択する際には自身の所有するネットワーク機器が対象メディアに対応しているかをご確認ください。

        SpeedMedia
        1G1000BASE-LX
        10G10GBASE-LR
  5. Preview 画面に遷移しますので、注文にかかる料金をご確認いただき、[Submit] をクリックします。

  6. Physical Ports のリストページが表示され、注文したPhysical PortリソースのStatusがordered になることを確認します。

  7. 注文完了後、サービスに適用される責任分界点を指示する承認書LOAの発行します。 LOAの発行手順は、こちらをご参照ください。

  8. Physical Port 作成手順 - 4 - Site(DC) で指定したデータセンター事業者にLOAを提出して、オンプレミス側接続デバイスから注文したPhysical Portへの物理的な構内配線の確立を依頼します。

  9. データセンター事業者が構内配線を確立し、該当ポートのリンクアップ確認後、1〜2営業日経過するとOCXマネージメントポータルで注文したPhysical Port のStatusが available に変更され、Physical Port開通完了となります。

また、available へStatusが変更されると、VCI を当該Physical Portに作成できるようになります。 VCIを作成する手順については、VCIの作成をご参照ください。

注意事項

Physical Portの作成後、Statusがavailableになると、課金開始となります。