Skip to main content

Virtual Circuit(VC)の作成

本ページでは、OCXマネージメントポータルを利用してVirtual Circuit(VC)を作成する方法について説明します。※以下、文中はVCと表記します。
VCはVCIをアタッチするための接続ルートとなります。Physical portからトラフィックを転送する中継区間にVCを作成する必要があります。

準備

VCを作成する前に以下をご確認ください。

  1. OCXマネージメントポータルのアカウントが設定されていること
  2. 自身のUser Roleがadmin or user 権限のいずれかであること

Virtual Circuit(VC)作成手順

  1. OCXマネージメントポータルにログインします。

  2. 左側のナビゲーションバーより、[Virtual Circuits(VCs)] をクリックします。

  3. Virtual Circuits のリストページから、[Create] をクリックします。

  4. 入力項目は以下のように設定し、[Next] をクリックします。

    • Name
      • 任意の名前を入力してください。簡単に識別できる名前を入力しておくと管理がしやすくなります。
  5. Preview 画面に遷移しますので、内容をご確認いただき、[Submit] をクリックします。

  6. Virtual Circuits のリストページが表示され、注文したVCのStatusがavailable になることを確認します。

以上で、Virtual Circuit(VC)の作成が完了となります。

VCを作成することで、所有しているVCIやCloud Connectionにアタッチすることができます。
アタッチの手順については、Virtual Circuit(VC)の接続先設定(アタッチ・デタッチ)をご参照ください。